ここから本文です

「爆発するような音が何度も」廃車15台焼ける 大分の工場で火災

西日本新聞 9月14日(水)11時24分配信

 14日午前4時50分ごろ、大分県日田市北豆田の廃車処理業「オートリサイクルナカシマ」の第3工場で、住民から「倉庫が燃えている」と119番があった。日田署や消防によると、2階建ての木造倉庫と敷地内にあった廃車約15台を焼き、約1時間半後に鎮火した。けが人はなかった。署が出火原因を調べている。

【画像】何度も爆発しながら燃える工場の車

 現場は日田市役所から約600メートル北東の住宅街。近くに住む男性(79)は「ボーン、ボーンと爆弾が爆発するような音が何度も聞こえた」と話した。

=2016/09/14 西日本新聞=

西日本新聞社

最終更新:9月14日(水)11時24分

西日本新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。