ここから本文です

新型スカイライナー、利用者2000万人達成 ヘッドマーク掲出 京成

乗りものニュース 9/14(水) 12:00配信

2010年の「成田スカイアクセス」開業から6年

 京成電鉄は2016年9月13日(火)、京成上野駅(東京都台東区)と成田空港駅(千葉県成田市)とを結ぶ特急「スカイライナー」3代目(AE形)の利用者が2000万人に達したことを記念する式典を成田空港駅で開催しました。

【動画】「カンカン」のペースが上がる京成電鉄の踏切

 成田市の吉田昭二副市長、成田国際空港の長田 太代表取締役専務を来賓に迎え、2000万人目の利用者であるジェナ・ローズさんと鈴木敏隆さんには記念品を贈呈。式典後には、2000万人目の利用者が乗車した京成上野行き「スカイライナー10号」の乗客全員にも、京成電鉄オリジナルのネームタグやスーツケースステッカーがプレゼントされました。なお、今回の2000万人達成を記念し、「スカイライナー」1編成にはヘッドマークが掲出されます。

 京成電鉄の「スカイライナー」は、東京と成田空港を結ぶ全席指定の特急列車です。初代(AE形)は1973(昭和48)年12月30日に京成上野~京成成田間でデビューし、5年後の1978(昭和53)年5月には成田空港駅(現、東成田駅)に乗り入れを開始。1990(平成2)年6月には2代目(AE100形)が登場し、翌1991(平成3)年3月には空港ターミナル直下に造られた現在の成田空港駅に乗り入れを始めました。

 現在の3代目(AE形)は、2010(平成22)年7月の成田空港線(成田スカイアクセス)開業時に登場。日本の在来線で最も速い最高160km/hで走り、日暮里~空港第2ビル間を最短36分で結んでいます。京成電鉄によると1日あたりの運行本数は上下線あわせて56本、利用者数(2015年度平均)はおよそ1万人です。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/14(水) 12:49

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。