ここから本文です

キリオス 今週末開催のデ杯プレーオフに向け自信<男子テニス>

tennis365.net 9月14日(水)16時16分配信

デビスカップ

今週末に世界各地で行われる男子テニスの国別対抗戦デビスカップで、オーストラリアは来年のワールドグループ入りをかけたプレーオフでスロバキアと対戦するが、エースのN・キリオス(オーストラリア)が13日に行われた記者会見で自信を覗かせた。

スタン激怒 キリオスは罰金

先週まで行われていた全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場していたキリオスだったが、臀部の怪我のためI・マルチェンコ(ウクライナ)との3回戦を途中棄権した。

キリオスはその後の9日間で、かなり回復したと語り「恐らく最高のテニスが出来るだろう」と会見の席で語った。

加えて「どうして起きてしまったか分からない些細な怪我を負ってしまったが、今は自信に満ちているし、最高の結果を出せると思っている」とオーストラリア・ナンバー1のキリオスは自信を見せた。

キリオスは同胞のB・トミック(オーストラリア)と共にシングルスとダブルスでオーストラリア・チームを牽引する事になるだろう。トミックは3年前にデビスカップのデビューを飾って以来の代表となる。

スロバキアを招いて戦うオーストラリアは、シドニーのオリンピック・テニス・センターで芝のコートを選択している。

また、同チームの監督は今年1月の全豪オープンを最後に現役を退いたL・ヒューイット(オーストラリア)が務めており、3月に行われたワールドグループ1回戦のアメリカ戦でダブルスで出場するも敗れていた。

スロバキア・チームは、上位ランクにいるM・クリザン(スロバキア)とL・ラコ(スロバキア)を欠いた布陣での対戦となり、万全のチームとは言えない状態でオーストラリアへ乗り込む。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:9月14日(水)16時16分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。