ここから本文です

【MLB】イチロー史上12人目の快挙! メジャー通算900試合目のマルチ安打達成

Full-Count 9月14日(水)10時30分配信

歴代11位ジョージ・ブレットの903試合まで「3」に迫る

 マーリンズのイチロー外野手が13日(日本時間14日)、敵地でのブレーブス戦に先発出場し、史上12人目となるメジャー通算900試合目のマルチ安打を達成した。

イチローは歴代単独25位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 まずは第2打席。0-2の3回無死一、二塁に打席へ向かうと、ブレーブス先発ウィスラーの3球目スライダーを右前適時打とし、今季20打点目を叩き出した。自らもイエリッチの中越え二塁打で一塁から一気に生還。逆転のホームを踏んだ。

 続いて、3-3の同点で迎えた5回先頭の第3打席には、2球目速球を右翼線に運ぶ三塁打に。快足を飛ばして一気に三塁へ到達し、今季5本目の三塁打でメジャー通算900度目となるマルチ安打を達成した。

 米データサイトの「Baseball-Reference.com」によると、マルチ安打試合数でメジャー歴代トップに立つのはピート・ローズの1225試合。スタン・ミュージアル(1059試合)、ハンク・アーロン(1046試合)と続き、イチローの900試合は12位にランクイン。11位ジョージ・ブレットの903試合まで、残り3試合と迫った。

 今季は日米通算安打数でピート・ローズのメジャー最多安打記録4256本を超えたり、メジャー史上30人目という通算3000安打達成を果たしたり、メジャー通算500盗塁を達成したり、数々の大記録を打ち立てている背番号51が、また新たな偉業を打ち立てた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月14日(水)10時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]