ここから本文です

男女9人食中毒、あんかけ焼きそば原因か さいたまの飲食店を処分

埼玉新聞 9月14日(水)22時9分配信

 埼玉県さいたま市保健所は14日、あんかけ焼きそばが原因と推定される食中毒事件を起こしたとして、同市浦和区高砂1丁目の飲食店「麻布茶房」を14日から3日間の営業停止処分にしたと発表した。

 市食品・医薬品安全課によると、10日昼に同店で食事をした50~90代の男女9人が同日午後1時半ごろから同8時にかけて吐き気や嘔吐(おうと)、腹痛などの症状を訴えた。

 診察した医師から食中毒の届け出を受けた同保健所は、9人の共通した飲食物が同店で提供された食事に限られ、症状や潜伏期間が似ていることなどから、同店の食事が原因の食中毒と断定した。原因物質は調査中だが、あんかけ焼きそばが原因とみられる。9人は全員、快方に向かっているという。

最終更新:9月14日(水)22時9分

埼玉新聞