ここから本文です

錦織らワールドグループ残留狙う、デ杯入れ替え戦 日本vsウクライナ<男子テニス>

tennis365.net 9/14(水) 17:33配信

デビスカップ

9月16日から3日間、大阪の靱テニスセンターで男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウクライナ戦が行われる。

【錦織 地元メディアから高い評価】

ワールドグループ残留を狙う日本からは、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で銅メダルを獲得し、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト4へ進出した世界ランク5位の錦織圭(日本)がエースで出場。

その他では世界ランク88位のダニエル太郎(日本)、同96位の西岡良仁(日本)、同98位の杉田祐一(日本)が選出されている。

対するウクライナはA・ドルゴポロフ(ウクライナ)が欠場する中、全米オープンでグランドスラム初の16強入りを果たした世界ランク50位のI・マルチェンコ(ウクライナ)、同105位のS・スタコフスキ(ウクライナ)、同321位のA・スミノルフ(ウクライナ)、同419位のD・カレニチェンコ(ウクライナ)が日本戦に挑む。

日本は昨年のプレーオフ コロンビア戦で、シングルスで錦織が2勝、ダニエル太郎が1勝をあげる底力を見せつけ、ワールドグループ残留を決めた。

今年3月のワールドグループ1回戦では、1勝2敗で迎えた最終日に錦織がA・マレー(英国)とのエース対決に挑むも5-7, 6-7 (6-8), 6-3, 6-4, 3-6で惜敗し、通算1勝3敗で敗れた。

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する。

tennis365.net

最終更新:9/14(水) 17:33

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。