ここから本文です

[Alexandros] ツアータイトル「We Come In Peace」はSF映画から

TOKYO FM+ 9/14(水) 18:00配信

[Alexandros]の川上洋平が、9月13日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!」に出演。11月16日から始まる全国ツアー『We Come In Peace』について、そのタイトルの由来を語りました。

「11月9日に我々[Alexandros]のニューアルバム『EXIST!』が発売になります。そして『EXIST!』を引っ提げまして、11月16日から全国ツアーもスタートします。ツアータイトルは『We Come In Peace』。直訳すると“平和的目的でやって来ました!”となるんですけど、“[Alexandros]してはおとなしいんじゃないかな?”って思った人もいらっしゃるんじゃないかな? “Peace”って言葉が入っていますからね。

実は『We Come In Peace』って、昔のSF映画とかでよく使われてたセリフなんですよ。例えば宇宙人が地球に侵略してくる時に、“我々は平和的な目的でやって来ました。決して侵略するためではありません”って言っておくと地球人は、“そうなんだー”って安心する。安心させておいてから、地球を侵略していく。

この言葉をどこかで使おうと思ってたんです。アルバムのタイトルでもいいんですけど、それだとまんまだなーって思ってツアータイトルにしてみたんですよ。その後にアルバムタイトルである『EXIST!』が決まったんです。

『EXIST』も『We Come In Peace』も宇宙人的な意味が入っているから、“あ、これはなんかリンクしてるなー”って後で思ったんですけどね。そういったところもツアーのセットとか雰囲気に取り入れようかなと思っております。楽しみにしていてください!」


[Alexandros]の全国ツアー「Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~」は、11月16日の横浜アリーナからスタート。2017年4月22、23日の幕張メッセ国際展示場9-11ホールまで、海外も含め19ヶ所32公演を予定しています。

最終更新:9/14(水) 18:00

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]