ここから本文です

大分道の応急復旧が完了 あす全線が4車線に 熊本地震から5か月

乗りものニュース 9/14(水) 19:27配信

規制速度も熊本地震前と同じに

 国土交通省は2016年9月14日(水)、熊本地震での被災により対面通行と規制速度50km/h区間が残っていた大分道の湯布院IC(大分県由布市)~日出JCT(同・日出町)間について、土砂崩落箇所の復旧が完了したことにともない、あす15日(木)午前10時をめどに地震以前の4車線(片側2車線)、規制速度80km/hに戻すと発表しました。

混んでいる高速道路はどこ? 渋滞ワーストランキング

 同区間は由布岳PA(同・由布市)付近での法面の土砂崩落や橋桁などの損傷などにより、5月9日の一般開放後も規制が続いていました。今回の復旧により、大分道は全線で地震以前と同じ4車線になります。

 同じく熊本地震で被災し、対面通行区間が残る九州道の益城熊本空港IC(熊本県益城町)~嘉島JCT(同・嘉島町)間については、来年度の早い時期に4車線に戻るよう引き続き復旧工事が進められます。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/14(水) 19:35

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。