ここから本文です

【映像】パンダの赤ちゃんに注目集まる 中国・臥龍パンダ保護センター

アフロ 9/14(水) 22:07配信

 中国四川省の臥龍(ウォロン)国立自然保護区でパンダの繁殖や保護活動を行う「臥龍パンダ保護センター」のパンダを紹介する「臥龍パンダ倶楽部」が、8日に中国版ツイッター「ウェイボー」へ投稿したジャイアントパンダの赤ちゃんの姿が可愛いと注目を集めている。

 映像にはジャイアントパンダの赤ちゃんが体を回転させようと頑張る姿が映っており、中国国営の中国中央テレビ(CCTV)などが赤ちゃんの姿を紹介し注目が集まっている。映像は現在、ウェイボーのアカウントだけで2万3000人以上がシェアし、2000ものコメントが寄せられている。

 一方で一部ユーザーからは、「なぜ手のひらに乗せてあげないのか」や「なぜカメラマンは手助けしてあげないのか」などのコメントも寄せられている。

 臥龍パンダ保護センターによるとパンダの赤ちゃんは、毎年6、7、8月に生まれ、体重は90グラム-130グラム。生後6-8週間で目が開き、3カ月ほどで歩けるようになる。ピンク色の体は約5-6カ月で白黒になるという。

(中国、四川省 撮影:8日 映像:ANSA/アフロ)

最終更新:9/17(土) 22:45

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]