ここから本文です

19歳で2人の母。Zeebra妻・中林美和が語った、連れ子とのエピソードが「素晴らしいお母さん」と話題に

E-TALENTBANK 9/14(水) 21:00配信

13日放送の日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」でモデルの中林美和が自身の子育てについて話す場面があった。

伊東美咲、米倉涼子らと共にファッション雑誌「CanCam」専属モデルとして活躍していた中林は、19歳の頃にヒップホップMCのZeebraと交際を開始した。当時すでに2人の子どもを持つシングルファーザーとして生活していたZeebraだったが、中林は「自分の年齢もまだ若くて、色々なことが無知だったんでしょうね。とにかく彼が好きで、子どもたちが好きで、だからOKみたいな感じでしたね」と振り返り、バツイチで子どもがいるという条件は全く気にならなかったそうだ。

モデルの仕事をこなしながら、子どもたちの世話をする生活は苦労があったそう。中林は子どもに食事を用意した時に「(本当の)ママのおにぎりが食べたい」と言われ、心が折れたこともあったと語る。子どもたちとの関係や、仕事と子育ての両立などに悩み、Zeebraに別れを切り出したこともあったという。

そんな中、事情を知らない子どもたちから「お腹すいた」と携帯に電話がかかってきたとき、中林は「頼られてるんだな。これでやっと、子どもたちのお母さんになれた」と感じ、別れの決断を思いとどまったという。その後2002年に中林とZeebraは入籍し、新たに2人の娘をもうけたという。

番組では息子ふたりがインタビューに答えるVTRもあり、そこでは長男から「僕たちふたりを育ててくれて、すごい感謝してますし、年もすごい近いし、普通の母親とは違うんですけれど、普通の母親じゃなかったとしても最高の関係性」、次男は「今でも俺らが何かあれば助けてくれるし、自慢の母みたいな。いつも支えてくれてありがとうございます」と、メッセージを送るとスタジオは「バラエティなのにすみません…」と言って目に涙を浮かべていたのだった。

番組を見ていた視聴者からはTwitterに「『自慢の母』ですってサイコーの褒め言葉だよねぇ」「素敵な話や~素晴らしいお母さんや」「中林美和さんの涙に私もウルウル」と、この感動の子育てエピソードに様々な反響が寄せられていた。

最終更新:9/14(水) 21:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]