ここから本文です

【MLB】青木宣親、今季3号本塁打&26度目マルチ 5戦連続安打で7連勝に大貢献!

Full-Count 9/14(水) 14:11配信

第1打席に中前打で先制ホーム、攻撃のトーンを決める

 マリナーズ青木宣親外野手が13日(日本時間14日)、敵地でのエンゼルス戦に「1番・左翼」で先発し、今季3号ソロを含む3打数2安打1打点3得点の活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 青木が試合の流れを決めた。初回にエンゼルス先発マイヤーから中前打を放って出塁。すると1死一、二塁から4番クルーズが36号3ランを左翼席に叩き込み、青木は先制のホームを踏んだ。リードオフマンとして、試合の流れをグッと引き寄せた。

 3点リードで迎えた2回には、2死走者なしの場面で打席に立つと、初球94マイル(約151キロ)の速球を力強く振り抜いた。打球は右中間席に大きなアーチを描きながら飛び込み、チーム4点目を挙げた。

 6回の第4打席には四球を選び、2死満塁の絶好機としてつなぐと、次打者スミスが14号満塁弾。この一発で勝負を決めた。

 投げては、4年目の右腕ウォーカーが6回までノーヒットノーランの快投を披露。7回先頭カルフーンに右前打を許した後、さらに2安打されたが、結局9回を3安打11奪三振無四球無失点に抑え、見事完封勝利を勝ち取った。

 投打のかみあった試合で8-0と大勝したマリナーズは、これで7連勝。ワイルドカード争いでも、2位ブルージェイズに2.5ゲーム差の5位となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/14(水) 14:21

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。