ここから本文です

コンテのチェルシーは優勝争いに絡める グイドリン「コンテはタイトルレースへの準備できてる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/14(水) 15:20配信

1年目からの優勝もあり得るか

スウォンジーを率いるフランチェスコ・グイドリンは、11日にチェルシーと対戦して2-2で引き分けた。チェルシーは一時逆転を許すなど不安定な戦いだったが、敵将グイドリンはチェルシーと指揮官アントニオ・コンテが率いていたユヴェントスを重ね合わせていたようだ。

英『Daily Mail』によると、グイドリンはユヴェントスで見てきたものと同じだとコメントし、コンテがプレミアリーグの優勝争いに絡んでいく準備ができているはずだとその手腕を改めて評価した。

「チームの個性、激しさをユヴェントスで見てきた。コンテのやり方を見てきたからね。チェルシーは姿こそ違うが、同じだよ。コンテは今季のタイトルレースへの準備ができている。マンC、マンU、チェルシー、恐らくはリヴァプール、トッテナムもかな。これはとても重要であり、難しく、良い争いだ」

現在チェルシーは4試合を消化して3勝1分の2位につけている。ここまでプレミア初挑戦のジョゼップ・グアルディオラが率いるマンCと、コンテが率いるチェルシーが1位と2位を占めているのは興味深い。まだプレミアリーグの苦しさを理解するのはこれからかもしれないが、グイドリンはコンテならタイトル獲得も可能と考えているようだ。

FWジエゴ・コスタの復調などポジティブな要素も出てきているが、コンテ率いるチェルシーはマンチェスターの両クラブらと最後まで競っていけるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/14(水) 15:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報