ここから本文です

地域の魅力をCMに、福島県田村で作品発表 最優秀作品は渋谷で放映

福島民友新聞 9月14日(水)12時5分配信

 映像制作に関心がある若者が国内各地域の魅力を体感し、30秒のCMにして発信する「クリエイティブサマーキャンプ2016」が9~11日、田村市で開かれた。11日は市内で作品発表会が開かれ、撮影に協力した市民が作品に見入った。

 一般社団法人「マイ・ジャパン」の主催。10、20代の若手クリエーターや大学生が3人一組の7グループに分かれて市内各地で撮影した。

 発表会では、観光地や特産品、自然など若者が同市の魅力を表現した7作品が上映され、審査した。現地最優秀賞と現地優秀賞のほか、来場者の投票による現地特別賞が選ばれ、現地最優秀賞は住吉音々さん(21)、林千文さん(25)、広瀬愛衣恵さん(18)が制作した「なんにもない」が受賞した。

 29日に都内の渋谷ヒカリエで最終審査会が開かれ、最優秀作品は渋谷のスクランブル交差点にある大型ディスプレーで放映される。

 同キャンプは、映像を通じて地方の魅力などを発信しようと2014(平成26)年に始まり、県内ではこれまで只見町や会津若松市が舞台となった。

福島民友新聞

最終更新:9月14日(水)12時5分

福島民友新聞