ここから本文です

光南高野球部に第1回大賞 夏の高校野球福島大会準優勝、中畑清さん激励

福島民友新聞 9月14日(水)12時12分配信

 福島県矢吹町の魅力を一堂に集めた「やぶきフロンティア祭り」は11日、同町文化センター駐車場で開かれた。同町が日本三大開拓地に数えられることを踏まえて制定された「フロンティアスピリッツ大賞」には、今夏の第98回全国高校野球選手権福島大会で準優勝した光南高野球部が選ばれた。

 同祭りは、町民が一丸となって故郷の魅力を発信する「矢吹フロンティアーズ」の誕生に伴い、これまで開催してきた「やぶき復興産業祭」を発展させる形で開催。同大賞は開拓者精神を表彰しようと設けられ、光南高野球部は夏の福島大会の戦いぶりが「町民に勇気と希望を与えた」と評価され、第1回大賞に決まった。

 同祭りの席上行われた授賞式では、矢吹フロンティアーズの監督を務める名誉町民の中畑清さんが、選手たちに記念のパネルや盾を贈呈。今後の進路や将来の目標などを尋ねながら、選手たちを激励した。

 祭りには町内外の約100事業所が出店し、焼きそばや手作りの特産品などを販売。特産のトマトを使った早食い大会やスタンプラリーなど多彩なイベントが繰り広げられたほか、ステージには光南高チアリーダー部や矢吹中吹奏楽部が出演し、日ごろの練習の成果を披露した。

福島民友新聞

最終更新:9月14日(水)12時12分

福島民友新聞