ここから本文です

メッシに“君のそばでプレイしたい”と言わしめる天才MFとは? 「彼の足技を手本にしてる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/14(水) 18:30配信

すべてをシンプルにこなすと称賛

バルセロナでプレイするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同僚のアンドレス・イニエスタを称えた。

ブラジル代表のネイマールやウルグアイ代表のルイス・スアレスなど多くのタレントがひしめくバルサにおいても、メッシのクオリティは異彩を放っている。ではバロンドールを5度も獲得し、幾多の喝采を浴びてきたこのアルゼンチン人アタッカーにとっての“天才”は一体誰なのか。メッシのコメントを英『sky SPORTS』が伝えている。

「僕がバルセロナへやってきた時、周囲の人はイニエスタについて話していた。僕は彼の足技を手本にしている。どんなに困難な動きでもシンプルにこなしてしまうからね。なにも特殊なことはしていないように映るけど、実際には彼はとてつもないことをやっている。イニエスタはすべての面で別次元だ。サッカーをする上で最も難しいのは、すべてのプレイをラクにこなしているように見せることだよ。イニエスタにはそれができている」

「僕と彼は少しの合図で互いを理解することができるよ。それ以上の大げさなことなんて必要ないね。僕はなるべく彼の近くでプレイしたい。特に試合が劣勢の時などはイニエスタにこう言うよ。『もっと近くに来てくれ。君のそばでプレイしたいんだ』ってね」

天下のリオネル・メッシからこれほどまでに“ラブリーな要求”を受けられる選手は、そう多く居ないだろう。およそ10年近くにわたって世界最高のクラブで戦ってきた2人の絆は想像以上に高いものだったようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/14(水) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]