ここから本文です

メッシに“君のそばでプレイしたい”と言わしめる天才MFとは? 「彼の足技を手本にしてる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月14日(水)18時30分配信

すべてをシンプルにこなすと称賛

バルセロナでプレイするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同僚のアンドレス・イニエスタを称えた。

ブラジル代表のネイマールやウルグアイ代表のルイス・スアレスなど多くのタレントがひしめくバルサにおいても、メッシのクオリティは異彩を放っている。ではバロンドールを5度も獲得し、幾多の喝采を浴びてきたこのアルゼンチン人アタッカーにとっての“天才”は一体誰なのか。メッシのコメントを英『sky SPORTS』が伝えている。

「僕がバルセロナへやってきた時、周囲の人はイニエスタについて話していた。僕は彼の足技を手本にしている。どんなに困難な動きでもシンプルにこなしてしまうからね。なにも特殊なことはしていないように映るけど、実際には彼はとてつもないことをやっている。イニエスタはすべての面で別次元だ。サッカーをする上で最も難しいのは、すべてのプレイをラクにこなしているように見せることだよ。イニエスタにはそれができている」

「僕と彼は少しの合図で互いを理解することができるよ。それ以上の大げさなことなんて必要ないね。僕はなるべく彼の近くでプレイしたい。特に試合が劣勢の時などはイニエスタにこう言うよ。『もっと近くに来てくれ。君のそばでプレイしたいんだ』ってね」

天下のリオネル・メッシからこれほどまでに“ラブリーな要求”を受けられる選手は、そう多く居ないだろう。およそ10年近くにわたって世界最高のクラブで戦ってきた2人の絆は想像以上に高いものだったようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月14日(水)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]