ここから本文です

西武・岸が志願の延長戦続投でエースの意地 8勝目&1500投球回も達成

Full-Count 9月14日(水)23時34分配信

残りは「全部勝つつもりで」

 14日のロッテ戦に先発した西武の岸孝之投手は、3回で1500回投球回を達成。延長10回135球を投げ、浅村の20号決勝アーチで今季8勝目。2年ぶりの2桁勝利に近づいた。

 スタンリッジとの投げ合いで、5回ルーキー呉の先制タイムリーで援護をもらうと、カーブ、チェンジアップと、抜いた球主体で8回まで6安打無失点。完封目前の9回先頭・角中に甘いスライダーで右翼席へ痛恨の同点アーチを浴びたが、「僕の失投ではしょうがない。球数も少なかったし、もう1回いきました。最後の最後で真っすぐもちゃんと出た」と、10回は2死一、二塁とサヨナラ負けのピンチに代打・岡田をこの日MAXの148キロ速球を連発して二直に。11回1死から浅村の20号ソロで白星がころがりこんだ。

 6日の楽天戦の先発予定を発熱で回避。「(チームに)迷惑をかけたし、今日は一人で投げるつもりだった。アサ(浅村)には守備でも助けられ(7回2死二塁、代打福浦の打球をダイビングキャッチ)、ホームランも打ってくれて、感謝している。(残りの先発は)全部勝つつもりで頑張ります」と宣言した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月14日(水)23時34分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。