ここから本文です

海水浴場の来場者241万人 藤沢市内、4年ぶりに増加

カナロコ by 神奈川新聞 9月14日(水)11時3分配信

 藤沢市は9日、市内3海水浴場(片瀬東浜、片瀬西浜・鵠沼、辻堂)の今夏の来場者数を発表した。前年比9%増の約241万5千人で、4年ぶりに前年を上回った。

 市観光課によると、期間中の天候・気温が安定したことが増加の要因。前年との比較で、日中の最高気温が30度以上の真夏日が11日増えた一方、25度以下の冷涼な日が9日減った。遊泳注意・遊泳禁止の措置が取られた日も3海水浴場合計で44日減った。

 ただ、市内の海水浴客数は2006年から10年にかけて400万人台を記録しており、その水準には達しなかった。同課は「レジャーが多様化し来客数が減り続けてきた中で、今夏歯止めが掛かった意味は大きい。さらに伸ばせるよう知恵を絞って取り組みたい」としている。

最終更新:9月14日(水)11時3分

カナロコ by 神奈川新聞