ここから本文です

ジャズde盆踊り 17、18日に野毛 中韓の若手演奏家も参加

カナロコ by 神奈川新聞 9/14(水) 16:02配信

 ジャズの名曲に乗って盆踊りを楽しむイベント「野毛 ジャズde盆踊り」が17、18の両日、横浜市中区の野毛本通りと周辺エリアで開かれる。野毛地区の店主らでつくる野毛商店街協同組合が主催し、今年で3回目。

 野毛地区には日本のジャズ喫茶の草分けといわれる「ちぐさ」があり、ジャズと盆踊りを組み合わせて新たな地域文化をつくり出そうと、野毛に集う人たちが企画を作り上げた。

 約170メートルの通りを歩行者天国にし、ステージを「やぐら」のようにして盆踊りをする。ジャズのスタンダード曲や、野毛生まれの名門サンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」のオリジナル曲などが演奏される。

 今年は日中韓の国際交流プログラムに参加し、各国の若手ミュージシャンによる演奏も加わる。担当者は「ぎくしゃくしている国同士だが、踊ればみんな楽しくなる。『ジャズ盆』で世界をつなぎたい」と期待している。

 会場では移動式メリーゴーラウンドやビアガーデンなども開かれる。17日は野毛と吉田町のファン同士による綱引き大会も催される。問い合わせは同協同組合電話045(231)0551。

最終更新:9/14(水) 16:02

カナロコ by 神奈川新聞