ここから本文です

謎の恐竜、全身骨格の組立てを披露

Lmaga.jp 9/14(水) 6:00配信

新発見の恐竜や最新の研究成果が展示される『恐竜博 2016』が、9月17日から「大阪文化館・天保山」(大阪市港区)で開催。会場設営中の13日、日本初公開となるスピノサウルスの復元骨格が組み立てられ、その巨大な姿を現した。

繊細な取り次げ作業を行うスタッフ

化石は1912年に初めて見つかり、ドイツに保管されていたものの第二次世界大戦で焼失。その存在が謎に包まれたままだったスピノサウルス。本展の監修を務める「国立科学博物館」の真鍋真博士は、「長い間、論文でしか残っていない謎の恐竜として有名でした。2000年代に入ってモロッコでポツポツと見つかり、2014年に全身の復元が完成して、今回日本で初めて公開になった」と話す。

実は首長竜、魚竜は恐竜の分類に含まれず、これまで恐竜は水中で生活しなかったとされてきたが、同恐竜は水陸どちらでも活動。その常識を覆したうえで、さらに肉食としては珍しい4足歩行を行っていたと考えられ、真鍋博士は「変な、不思議な恐竜」と評した。この日、4人がかりで頭部を取り付け、全長約15mと史上最大の肉食動物の姿を見せたスピノサウルス。展示は2017年1月9日まで。入場料は一般1,500円ほか。

最終更新:9/14(水) 6:00

Lmaga.jp