ここから本文です

小吹隆文撰・週末アート、9/14~

Lmaga.jp 9月14日(水)23時0分配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、話題の真田丸、六甲山を満喫する現代アート、円熟した西洋美術の絵画コレクションなど、秋のお出かけにぴったりの展覧会を紹介。

日本史上屈指のヒーローが大阪に登場『2016年NHK大河ドラマ特別展 真田丸』

いよいよ佳境のNHK大河ドラマ「真田丸」。そのタイミングを見計らったように、ドラマと連動した企画展が、大阪城の隣にある大阪歴史博物館で開催されます。主人公の真田信繁(幸村)は、父の昌幸、兄の信幸(信之)とともに戦国時代を生き抜きますが、慶長5(1600)年の関ヶ原合戦で西軍の石田三成に味方し、西軍の敗退により高野山・九度山(和歌山県)に幽閉されます。しかし、徳川と豊臣の最終決戦「大坂の陣」では、冬の陣で真田丸と呼ばれる出城を築いて活躍、夏の陣では徳川家康をあと一歩まで追い詰めました。本展では、国宝6点、重要文化財5点を含む177点の資料、美術工芸品で、真田信繁(幸村)の人間像と彼が生きた時代を振り返ります。

2016年9月17日(土)~11月6日(日) ※会期中に展示替えあり
大阪歴史博物館
大阪府大阪市中央区大手前4-1-32

関西の秋恒例の大規模アートイベント『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016』

六甲山上の様々な観光施設を会場に行われる大規模アートイベントが今年も開催。観客は山中を散歩感覚で歩きながら、アート作品と六甲山の豊かな自然環境を同時に満喫できます。7回目となる今回は、岡本光博、さわひらき、トーチカ、マスダマキコ、三沢厚彦、八木良太、横山裕一など39作家が参加するほか、ワークショップなどのイベントも多数予定。会場へは、鉄道、バス、ケーブルカーを経由するも良し、自動車で山頂まで駆け上がるのも良し。都会に隣接した環境なので、気軽に出かけられるのもうれしいところです。アートファンはもちろん、秋の行楽を思案中の方におすすめします。なお、山上は天候が変化しやすいので、防寒・防雨の備えをお忘れなく。

2016年9月14日(水)~11月23日(祝・水)
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル、天覧台、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)、グランドホテル 六甲スカイヴィラ
[プラス会場]TENRAN CAFE ※プラス会場の作品鑑賞はカフェの利用が必要

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)23時0分

Lmaga.jp