ここから本文です

DJ RYOWのツアーファイナルと、HIP HOP界のレジェンド、故TOKONA-Xの追悼イベントに全国からHIP HOPアーティストが大集結

E-TALENTBANK 9/14(水) 17:00配信

DJ RYOWが全国のストリートを代表するアーティストと共に創り上げたアルバム”216”。

その全国ツアーのファイナルライブと、HIP HOP界のレジェンド 故TOKONA-Xの遺伝子を追悼、継承するため地元名古屋で毎年続けられてきたTOKAI X BULLSHIT(トウカイ・ブルシット)が遂に、11/23(水)、HIP HOPの聖地・渋谷HARLEMで開催される。

当日は全国から約50名のHIP HOPアーティストが勢ぞろいし最高のパフォーマンスを繰り広げるまさに一夜限りのイベント「DJ RYOW “216” TOUR FINAL & TOKAI X BULLSHIT 2016」盛り上がる事は間違いないだろう。

【DJ RYOWコメント】
■自身のアルバムのツアーファイナルと、TOKONA-X追悼イベント”TOKAI X BULLSHIT”を同時開催する事になった意図、経緯は?
まず今回のアルバム”216”は、自分の中でも集大成的な1枚が完成したし、人間的にも音楽的にも変化するキッカケとなった1枚でした。
またこの作品が完成した時に、TOUR FINALは大きくやりたいと思っていて、約30都市近くTOURに行かせて頂いてる最中だったり、REMIXを色々作ったりしている中で、今回TOUR FINALは東京で、みんなの力を借りてドンとやってみたいと思うようになりました。
そんな自然な流れで、毎年名古屋でやっていた”TOKAI X BULLSHIT”を、いつかやりたいと思ってた東京でやってみることになりました。
また毎回そうですが、今回のアルバムにもTOKONA-X愛がガッチリ詰め込まれてます。

■今回渋谷HARLEMで開催する意味は?
HARLEMは僕の中でHIP HOPの聖地だし、昔、ヒロシさん(”E”qual)やトコナメさん(TOKONA-X)、M.O.S.A.D.やAK君のLIVEで一緒に行ってて、名古屋からココにGUESTで出てガッツリ盛り上げてる姿を見てヤベーって思ったのと、その時にいつかココでDJ RYOWとして、凄い事やってみたいなーっていう思いがありました。

■このイベントに込めた想いは?
一生に残るイベントにしたいですね。この日は二度とないので。また、DJとして、そして、PRODUCERとしてみんなの力を借りつつ素晴らしいSHOWにしたいっすね。また、今年はトコナメさんやケイシも13回忌だし、2人にもあれから12年経った今の俺の姿も見てもらいたいです。

株式会社イータレントバンク

最終更新:9/14(水) 17:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]