ここから本文です

RADWIMPS『君の名は。』勢い衰えず3連覇!防弾少年団、BiSHが続く

Billboard Japan 9月14日(水)15時25分配信

 今週のアルバム総合チャート“Hot Albums”は、トップ10内に初登場作品が8つもエントリーしたフレッシュなチャートになったが、2週連続首位に立っていた、映画『君の名は。』サウンドトラックのRADWIMPS『君の名は。』が3連覇を成し遂げた。CDセールスでは、防弾少年団『YOUTH』に1位を奪われポイント差をつけられてしまったが、デジタル1位、ルックアップ1位のポイントで巻き返し、各ポイントを集計した結果3週連続の1位となった。映画の累計興行収入は62億円を突破しており、映画・サントラ共に好調をキープしている。もはや社会現象となったと言える同作。そのサントラは、まだまだチャートを賑わす存在になりそうだ。

 2位に入ったのは、前述の通りCDセールスで1位の防弾少年団の2ndアルバム『YOUTH』。デジタルとルックアップでポイントを伸ばすことができず、総合では2位に落ち着いた形だ。そして、“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメジャー1stアルバム『KiLLER BiSH』が3位に。CDは10月5日にリリースされる予定だが、その1か月前にデジタル先行配信がスタート。その初日の9月5日限定で300円で購入ができるという太っ腹な企画を行い、ダウンロード数を大きく稼いでトップ3に入ってきた。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『君の名は。』RADWIMPS
2位『YOUTH』防弾少年団
3位『KiLLER BiSH』BiSH
4位『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』ザ・ビートルズ
5位『世界観』クリープハイプ
6位『Just LOVE』西野カナ
7位『おそ松さん オリジナルサウンドトラック』橋本由香利
8位『Toyful Basket』三森すずこ
9位『Various BLUE』 雨宮天
10位『FAKE METAL JACKET』BiSH

最終更新:9月14日(水)15時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。