ここから本文です

HKT48「最高かよ」33万枚超を売上げ総合首位、RADWIMPS、チャート・イン4曲を守る

Billboard Japan 9/14(水) 15:25配信

 HKT48「最高かよ」は、パッケージ発売初週335,712枚を売上げ、セールス・ポイントを守りきり、総合JAPAN Hot100首位を獲得した。他指標ではラジオ78位、Twitterは3万3千超のツイートで7位で、前作「74億分の1の君へ」ではラジオが圏外で、Twitterが1万5千超だったことと比べると、着実にファン層を拡げつつあることが推測できる。

 入れ替わりの激しいJAPAN HOT100において、前週に引き続きRADWIMPSがトップ10圏内に4曲チャート・インを守っているのは、映画『君の名は。』の大ヒットを裏付けると同時に、彼らの楽曲がそれぞれ強い訴求力を備えていることを物語っている。また、「前前前世」MVは週間再生回数を前週の5,600,766回から6,568,681回に伸ばしており、動画再生2位のJY「好きな人がいること」の1,676,316回に大きく差を付けている。大抵の週では150万再生前後でMVは1位となるのが通例で、「前前前世」MV再生数の記録がいかに驚くべき数字であることか分かる結果だ。

 今週のJAPAN HOT100ではもうひとつのトピックがある。それはSMAP「世界に一つだけの花」と「ありがとう」2曲がトップ10圏内にチャート・インしたことだ。デビュー25周年を9月9日に迎え、同日に日本レコード協会が3ミリオン達成を報じたことにより、Twitterとセールスが急伸した。「世界に一つだけの花」はシングル・セールスでは2位、Twitter1位で、「ありがとう」はシングル・セールス20位、Twitter2位となり、コア・ファンのサポートの根強さを示す、今年何度目かのトピックとなった。

◎【JAPAN Hot100】トップ20
1位「最高かよ」HKT48
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「世界に一つだけの花」SMAP
4位「ザ・ゴールデン・ヒストリー」ももいろクローバーZ
5位「なんでもないや」RADWIMPS
6位「好きな人がいること」JY
7位「スパークル」RADWIMPS
8位「夢灯籠」RADWIMPS
9位「LOVE TRIP」AKB48
10位「ありがとう」SMAP
11位「創造は始まりの風を連れて」七尾百合子(伊藤美来),天空橋朋花(小岩井ことり),箱崎星梨花(麻倉もも),松田亜利沙(村川梨衣),ロコ(中村温姫)
12位「夏の恋人」SHISHAMO
13位「Hero」安室奈美恵
14位「Joy-ride~歓喜のドライブ~」EXILE
15位「さよならホテル」東京スカパ

最終更新:9/14(水) 15:25

Billboard Japan