ここから本文です

渡辺満里奈、元おニャン子・生稲晃子と“奇跡のツーショット”にファン歓喜

クランクイン! 9月14日(水)10時50分配信

 タレントの渡辺満里奈が、13日、自身のインスタグラムとフェイスブックで、生稲晃子とのツーショットを公開し、おニャン子ファンから「奇跡のツーショット!」との歓喜の声があがった。

【関連】満里奈とともに人気の“W渡辺”と言えば…「渡辺美奈代」フォトギャラリー


 渡辺はツーショットの掲載とともに、別番組の収録で偶然同じスタジオで久々の再会を果たした様子を「久しぶりすぎてドキドキしたけど、まーったく変わらないあっこに嬉しくなりました。お互い別番組でバタバタだったので、ゆっくり会いたいわ~」とコメント。

 2人はともに1986年におニャン子クラブに加入し、渡辺が会員番号36番、生稲が40番で、翌年の解散まで主力メンバーとして活動。また、渡辺のソロデビュー曲『深呼吸して』では、生稲と工藤静香がバックコーラスを担当していた。

 渡辺がおニャン子クラブのメンバーとの交流を公にするのは珍しく、渡辺のソロデビューからちょうど30周年というタイミングでのツーショットに、ファンは「おニャン子世代にはたまらない」「ありがとうございます!」「お二人とも相変わらずの美しさ。素晴らしいです」という感激の言葉や、「静香入れて深呼吸してトリオが見たい!」といった期待も寄せられている。

最終更新:9月14日(水)14時52分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。