ここから本文です

仲間由紀恵、『相棒』シリーズにカムバック! 反町隆史の上司に

クランクイン! 9月14日(水)12時40分配信

 水谷豊と反町隆史のコンビを迎えたドラマシリーズ最新作『相棒season15』が10月12日よりスタートすることが決定し、仲間由紀恵が2シーズンぶりに再登場することとなった。

【関連】「仲間由紀恵」フォトギャラリー


 『season14』の最終回で法務省を事実上のクビになり、異例の措置で警視庁に飛ばされることとなった冠城亘(反町)は、新しく始まる『season15』では、警察学校での研修を無事に終え、正式に警視庁の一員となって戻ってくることとなる。特命係での「居候」も返上。

 晴れて杉下右京(水谷)の「相棒」に昇格か…と思いきや、まさかの人事で亘は総務部広報課へ。元キャリア官僚に対する警視庁の嫌がらせか、亘は希望していた捜査部門とはかけ離れた部署に配属されてしまう。右京と亘、離れ離れのスタートとなる第1話では、右京が誰も取り合わない呪いによる殺人事件の検証に着手。亘はすぐにそんな右京の動きを察知しするが…。

 今回は、亘が配属された総務部広報課で課長を務める社美彌子役として、2014年10月から2015年3月に放送された『season13』以来、2シーズンぶりに仲間が再登場。さらに2017年公開予定の新作映画『相棒‐劇場版IV‐』への登場も決定。 久しぶりの相棒ワールドで“鉄の女”美彌子がクールに躍動する。

 仲間は「久々に相棒の世界に入って、鉄の女のような美彌子を演じられることを楽しみにしていました」とコメント。また初共演の反町に対して、「よく動くな、と思いました(笑)」との率直な感想とともに「まさに、テレビで見た亘さんそのものでした!」とその印象を語る。対する反町も「とってもおきれいな仲間さんと、楽しくやらせてもらってます」と撮影を楽しんでいる様子だ。

 ドラマ『相棒season15』は10月12日よりテレビ朝日にて放送スタート

最終更新:9月14日(水)12時40分

クランクイン!