ここから本文です

レニー・ゼルウィガー、『ブリジット・ジョーンズの日記』最新作の後に再び休業か

クランクイン! 9月14日(水)12時30分配信

 2010年の映画『My Own Love Song(原題)』に出演後、2016年のキアヌ・リーヴス共演『砂上の法廷』まで銀幕に姿を現さなかった女優レニー・ゼルウィガー。はまり役ブリジット・ジョーンズを演じるシリーズ最新作『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』が今週末に全米公開を控えているが、今後の予定は未定だという。

【関連】「レニー・ゼルウィガー」フォトギャラリー


 レニーはファン待望の最新作プレミアのレッドカーペットでE!Onlineとのインタビューに応じ、すぐに次の作品に取りかかるか訊ねられると、先を急がず「時間をかけるつもりよ。何があるか様子見という感じね。時間をかけることにしている」と回答した。

 レニーは『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の後に、ジョン・ヴォイトやジャイモン・フンスーらと共演の新作『Same Kind of Different as Me(原題)』に取りかかったが、同作は既にポストプロダクション(撮影後の作業)に入っている。『ブリジット・ジョーンズの日記』第4弾については、自分には分からないと返答した。

 スクリーンに復活した際にインタビューで「自分の声にうんざりした。ハリウッドを離れて成長する時期だった」と、ハリウッドから6年間遠ざかった理由を挙げていたレニー。再びスポットライトを浴びた現在も、焦らずに仕事は気長に選びたいと思っているようだ。

最終更新:9月14日(水)12時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。