ここから本文です

アメコミ界の巨匠スタン・リーを主人公にしたアクション・アドベンチャー映画制作へ

クランクイン! 9月14日(水)13時30分配信

 米コミック界の第一任者で『アイアンマン』や『X‐MEN』、『アベンジャーズ』『デアデビル』など数々の代表作を持つスタンリー・リーを主人公にした映画企画が、米20世紀フォックスで進んでいるという。The Hollywood ReporterやVarietyなどの海外メディアが伝えた。

【関連】マーベルヒーロー&悪役を演じた俳優 定番から懐かしまで大集結!<フォト特集>


 リーの『X‐MEN』シリーズや『ファンタスティック・フォー』などを手がけた20世紀フォックスが、リーの人生を作品にする権利(Life Rights)を獲得。時代物のアクション・アドベンチャー作品の制作を目指しているという。脚本家は決まっておらず構想が変わる可能性もあるが、現時点ではリーの伝記映画になる予定はないそうだ。ある情報筋がThe Hollywood Reporterに話したところでは、スパイ映画『キングスマン』(15)やロジャー・ムーアの『007』シリーズのトーンと同じような作品になる予定とのこと。

 映画『トワイライト』シリーズや『メイズランナー』シリーズなどのマーティ・ボーウェンとウィク・ゴッドフリーが製作、リーと彼の仕事上のパートナーであるジル・チャンピオンが製作総指揮を務めるという。

 リー自身が主人公を演じることはないだろうが、リーにとってはこれまで描いてきたヒーローに自分がなるという夢が叶うことになりそうだ。

最終更新:9月14日(水)13時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。