ここから本文です

シンガポールで「昨年の苦戦が繰り返されることはない」とハミルトン

オートスポーツweb 9/14(水) 16:23配信

 ルイス・ハミルトンは、シンガポールGPを迎えるにあたって、チームはすでに2015年のトラブルの再発を防ぐ対策を講じており、「ライバルに迫られるとは思っていない」と述べた。

昨年は苦戦を強いられたメルセデス

 昨年のマリーナベイ・サーキットでのレースで、メルセデス陣営は、ピレリのスーパーソフトタイヤをうまく機能させられずに苦戦した。ハミルトンと僚友ニコ・ロズベルグは、予選で最速だったセバスチャン・ベッテルのフェラーリに1.4秒以上の差をつけられ、2台のうち上位でレースをフィニッシュしたロズベルグでも、優勝者のベッテルから25秒近く遅れて、4位に入るのがやっとだったのだ。

 今季ここまでのところ、メルセデスは少なくとも1台が完走したレースでは、一度も優勝を逃していない。にもかかわらず、ロズベルグは昨年の苦い経験から、メルセデス陣営はレッドブルやフェラーリに勝てるという自信を持ってシンガポールへ向かうことができないと予想している。

 これに対し、チームメイトのハミルトンは、昨年、何が問題だったかは解明されており、これまでの好調を維持してシンガポールでのレースに臨めるはずだと述べた。

「昨年のような事態を防ぐために、セットアップ面で何をすべきかは分かっている。だから、昨年よりは良い位置にいられると思うよ」

「もちろん、どのレースでも思わぬ理由で負けることはあるし、実際に走り出すまでは、ライバルのペースがどのくらいなのか、本当のところは分からない。昨年は彼ら(レッドブルとフェラーリ)に大きな差をつけられたが、その理由はすでに解明されている。今年はもっといいポジションで戦えるはずだ」

「とはいえ、未来のことは誰にも分からない。今回は彼らとのギャップが狭まることだってありうる。僕としては、彼らに迫られるとは思っていないけど、昨年だってあんなことになるとは予想できなかった。とにかく、全力を尽くして準備をしていくだけだ」

 今週末、ピレリは従来からのスーパーソフト、ソフトに加えて、新しいウルトラソフトコンパウンドをシンガポールへ持ち込む。

今季、メルセデスは何度かタイヤをうまく使えずに苦しんでおり、ウルトラソフトが初めて使われた5月のモナコではポールポジションを逃し、先月スパで行われたベルギーGPでも、予想外の暑さに見舞われた予選で、スーパーソフトを使いこなすのに苦労した。

 それでもなお、メルセデス陣営は今季ここまでの14戦のうち、優勝できなかったレースとポールを獲れなかったレースは、それぞれ1回ずつしかない。唯一優勝を逸したスペインでは、オープニングラップの先陣争いの中でメルセデス勢が同士討ちを演じ、2台ともリタイアを喫している。



[オートスポーツweb ]

最終更新:9/14(水) 16:23

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。