ここから本文です

福岡でかぼちゃ地蔵コンテスト

北日本新聞 9/14(水) 14:54配信

■越後さん最優秀賞

 4代目「かぼちゃ地蔵」に使うカボチャを選ぶコンテストが14日、高岡市の福岡社会福祉センターこぶし荘であり、越後梅子さん(82)=福岡町舞谷=が2年ぶりに最優秀賞に輝いた。

 かぼちゃ地蔵はこぶし荘かぼちゃ地蔵の会(小山智克会長)が2014年から毎年作っている。ことしは市内17人が育てた自慢のカボチャ61点が集まった。小山会長、麻生達乗永賢寺住職、西野勲JAいなば福岡支店長が色や形の美しさなどを審査した。越後さんは白色のカボチャなど7点を出品。「形がきれいになるように、カボチャの下にわらを敷いて栽培した。うまく育ってくれたと思う」と満足げに話した。

 同日、「こぶし荘感謝の日」のイベントも行われ、劇団「ひまわり一座」が歌や踊りを披露した。地元住民らでつくる「カトレア会」による大正琴の演奏もあった。

北日本新聞社

最終更新:9/29(木) 13:27

北日本新聞