ここから本文です

傷だらけのロッテ ピンチをチャンスに変えられるか

ベースボールキング 9月14日(水)12時20分配信

ここに来て新たな離脱者が...

 ロッテをまたしてもアクシデントが襲った。

 主砲のデスパイネが左手首痛により9月11日に登録抹消となったばかりであるが、今度は西野離脱後の9回を任されていた益田直也が離脱。検査の結果「右肘関節炎」と診断され、抹消こそ見送られたもののかなり苦しい状況に陥っている。

 ここに来て立て続けに出ている離脱者を一度整理しておこう。


【ロッテの主な故障者】
西野勇士(右肘痛)
今季成績:40試 3勝6敗21セーブ 防3.51

大谷智久(右膝内側側副靭帯損傷)
今季成績:30試 1勝3敗11ホールド 防3.68

唐川侑己(左わき腹痛)
今季成績:13試 5勝5敗 防3.04

デスパイネ(左手首痛)
今季成績:127試 率.286 本24 点91

清田育宏(左側頭部打撲と軽度脳震盪の疑い)
今季成績:96試 率.227 本6 点34

益田直也(右肘関節炎)
今季成績:59試 3勝2敗13セーブ 防1.89

故障者の現状は?

 気になる故障者の現状はというと、左わき腹痛で8月24日に一軍登録抹消となった唐川侑己は、9月10日に行われた西武との二軍戦で実戦復帰を果たしている。

 その試合では2回を投げて3安打、2奪三振、0四死球で1失点の内容。ポストシーズンに向けてひとつメドが立った。


 守護神の西野勇士は実戦復帰こそできていないものの、ロッテ浦和球場でブルペンに入りしている。

 本人は「ゲームに行った時に必要な球数を投げている。CSの頭からいくというのは絶対に無理なので、CS前にちゃんと何試合投げられるということをアピールしないといけないし、逆算したらそろそろ復帰しないといけない」と復帰へ向けて早る想いを語りつつ、「いきなりCSに行くっていうのも、今頑張っている選手に申し訳ないし、自分自身も自信を持って投げられるとは思わない。これがダメなら休むしかない」と覚悟を持ってトレーニングを積んでいる。


 また、昨季チーム最多の32ホールドをマークし、今季も主に勝ち試合の7回を務めていた大谷も、ブルペンで精力的に投げ込みを行っている。

 「(膝の)痛みはない」と大谷。「上で投げられないことにストレスがあるので、上でなんとか投げたい。前を向いてやっている」とこちらも復帰へ向けて強い想いを語った。

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)12時21分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)