ここから本文です

青木、一発含む3出塁&5年連続100安打到達 マリナーズを7連勝へ導く

ベースボールキング 9月14日(水)14時1分配信

● エンゼルス 0 - 8 マリナーズ ○
<現地時間9月13日 エンゼル・スタジアム>

 マリナーズの青木宣親が現地時間13日(日本時間14日)、敵地でのエンゼルス戦に「1番・左翼」で先発出場。2回に3号ソロを放つなど2安打1打点3得点と活躍し、メジャーデビューから5年連続となるシーズン100安打にも到達した。

 青木は初回、相手先発のマイアーから中前打を放ち出塁。さっそく5試合連続安打をマークすると、4番クルーズの36号2ランで先制ホームを踏んだ。

 続く2回の第2打席は、9番マルテの中犠飛で走者がいなくなったあと、初球の直球を狙い打ち。しっかりと振り抜いた打球は右中間スタンドへ着弾。これが9日のアスレチックス戦以来となる一発となり、貴重な4点目をもたらした。

 4-0で迎えた6回の第4打席は、二死一、三塁の場面で四球。一塁へ歩き好機を広げると、続く2番スミスが14号満塁弾を右翼席へ運んだ。

 青木はその裏の守備からベンチへ退いたが、この試合も快音を連発し一発を含む2安打1打点で打率は.272。さらに四球出塁も含め3得点をマークし、リードオフマンとして打撃陣をけん引した。

 マリナーズは投げても、先発のウォーカーが6回まで無安打投球。7回に初安打を許すも見事な3安打完封勝利で、チームの7連勝に貢献した。

BASEBALL KING

最終更新:9月14日(水)14時2分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]