ここから本文です

ふるさと納税増え返礼品追加

紀伊民報 9月14日(水)17時1分配信

 応援したい自治体に寄付をすると返礼品がもらえる「ふるさと納税」制度で、和歌山県みなべ町の本年度4~8月(16日現在)の申込者数が554人で、昨年度1年間の寄付者数を上回った。返礼品費用として、本年度当初予算で計上していた500人分では足りなくなったため、町は開会中の町議会9月定例会に費用を追加する補正予算案を提案した。

 町は、1件1万円以上の寄付をした人に、特産品の梅干しや梅酒、梅ジュース、備長炭、干物詰め合わせ、菓子などの中から返礼品を贈っている。

 1万円以上2万円未満はAコース(19品)から1品、2万円以上はBコース(10品)の中から1品またはAコースの中から1品選ぶことができる。Aコースには期間限定で青梅もある。町のホームページ(HP)に掲載している。

 本年度は月別の申込者数が4月79人、5月163人、6月169人、7月102人、8月41人。納付は538人から計643万7千円。昨年度の寄付462人計559万円を超えている。

 補正予算案では、返礼品1品当たりの平均額3千円、毎月80人として8カ月間の640人分、192万円を計上した。

最終更新:9月14日(水)17時1分

紀伊民報