ここから本文です

ナムラダイキチ号引退、重賞最多13勝 金沢競馬で18日に功労表彰

北國新聞社 9月14日(水)2時41分配信

 県競馬事業局は13日、2012年度の金沢競馬年度代表馬ナムラダイキチ号(牡・8歳)が引退したと発表した。生涯戦績(地方)は34戦26勝で、地方収得賞金は5547万5千円、過去20年で最多となる重賞13勝を挙げるなど、金沢競馬を象徴するサラブレッドとして活躍した。

 18日、金沢競馬場スタンド前ステージで功労馬表彰式が行われる。ナムラダイキチ号はその後、種牡馬として北海道日高町の新生ファームに移る。県によると、金沢競馬所属馬で種牡馬入りするのは珍しい。

 ナムラダイキチ号は12、13年に北國王冠(本社後援)を連覇した。今年6月12日の百万石賞に出走し、4着に入ったのが最後のレースだった。9月5日付で地方競馬全国協会の競走馬登録から抹消された。

北國新聞社

最終更新:9月14日(水)2時41分

北國新聞社