ここから本文です

能登栗、丸々と 穴水で収穫期

北國新聞社 9月14日(水)2時41分配信

 13日の石川県内は、西日本から東日本の南岸に停滞する前線の影響でおおむね曇りとなり、一部で雨が降った。最高気温は羽咋27・6度、金沢26・9度など各地でほぼ平年並みだった。

 穴水町では特産の能登栗(くり)が収穫期を迎え、生産者が丸々と太ったクリ拾いに精を出した。同町山中(やまなか)の東井栗園では、東井保さん(63)ら5人が熟して落ちた早生(わせ)種「丹沢」や「伊吹」の実を拾い集めた。

 全農石川穴水事務所によると、今年は例年に比べ品質が良く、収穫時期は約1週間早い。10月上旬まで金沢市を中心に県内に出荷される。

北國新聞社

最終更新:9月14日(水)2時41分

北國新聞社