ここから本文です

岩崎悠人と仙頭啓矢が京都橘で入団会見 サンガに貢献して世界で通用する選手へ

SOCCER KING 9/14(水) 20:39配信

文・写真=Noriko Nagano

 京都サンガF.C.に来季加入が内定している京都橘高3年生でキャプテンのFW岩崎悠人と、同校出身で高3の時には全国高校サッカー選手権で得点王に輝き、全国準優勝に貢献したFW仙頭啓矢(東洋大4年)の入団会見が、9月13日に京都橘高で行われた。同校では、FW小屋松知哉(名古屋)、GK永井建成(熊本)、MF河合秀人(鳥取)に続くJリーガー輩出となった。

 会見では、京都橘の米澤一成監督が和やかな表情で席に着くと、「岩崎は、スタミナとスピードがあり、ゴール前での得点感覚に優れたストライカー」、「仙頭は、繊細なボールタッチを武器にゲームコントロールができ、自らも点がとれる選手」と、自慢のFWふたりのタイプの違いを紹介した。

 テレビカメラが並ぶ多くの報道陣を前にやや硬い表情の両選手だったが、落ち着いた話し方で、自らの目標や意気込みを力強く言葉にした。岩崎は、「小さい頃からの1つの目標であったプロサッカー選手になることができて本当に嬉しく思っています」と話し始め、数ある目標を一歩進め、「世界に出て、最終的には日本代表としてワールドカップに出ることが目標」と語り、世界の注目を集める東京五輪出場も狙っている。

 ふたりは、サッカーだけではなく人間的な成長を遂げた高校3年間に感謝し、育ててくれた京都の地に恩返しをしたいとサンガへの入団を決めた。サンガの野口裕司強化部長は、岩崎については、ずば抜けたスピードと得点感覚はもちろん、献身的な守備や独りよがりのプレーをしない点を高く評価していた。これは、チームみんなで戦う高校サッカーで培ったもの。

 一方の仙頭の評価ポイントである、ゴール前での巧い駆け引きや広い視野からのパスもまた、米澤監督の下で学んだ、自らが点を取ることと、周りとうまくやっていくこととのバランスがベースとなっている。

 仙頭のプロ1年目の目標は、大学で実行している「2桁得点、2桁アシスト」。仙頭は、小さい頃、サンガの天皇杯優勝を見て憧れた。「タイトルを獲ると、その地域がすごく盛り上がるし、Jリーグ優勝とか、タイトル獲得で恩返しができるんじゃないか。そこに貢献できるようプレーしていきたい」と恩返しの形をイメージしていた。

 会見後、サッカー部員に囲まれるとパッと笑顔になったふたり。辿れば、岩崎は、全国高校サッカー選手権でプレーする仙頭に憧れて京都橘にやって来た。京都橘で成長し、U-19日本代表での活躍も期待される選手になり、複数のJ1クラブから誘われる中、J2の京都を選んだ。「高校3年間でサッカー人生が変わった。先生も仲間も、京都ならみんな見に来てくれると思うし、生で感動を与えたい」

 2001年に12名でスタートした京都橘高サッカー部は、今年は93名の部員数となった。創部15年で5人のJリーガーの誕生に、米澤監督は「彼らが今ここにいるのは、彼らより上の先輩がいてくれたから。学校だけの指導ではなく、OBたちの彼らへの働きかけがあったから、チームとしての成長があった。また彼らの姿を見て、現役選手や今後Jリーガーを夢見る選手たちに刺激を与えられれば」と話す。

 サンガのユニフォームをまとい、肩車をされてヒーローとなったふたり。1年生の時からメンバーとして試合に出てきたふたりの陰には、切磋琢磨してきた多くの仲間や先輩の存在がある。

 サッカーに対する意識が高く、常に明確な課題を持つふたりは、入団までの間にも成長を積み重ねるだろう。京都から世界へ、ふたりのFWの夢ではない目標が続く。

SOCCER KING

最終更新:9/14(水) 20:39

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報