ここから本文です

バイエルンが盤石5発発進!!ホーム13連勝でCL新記録を樹立

ゲキサカ 9月14日(水)5時47分配信

[9.13 欧州CLグループリーグ第1節 バイエルン5-0ロストフ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節1日目を行い、D組のバイエルン(ドイツ)はホームでロストフ(ロシア)と対戦し、5-0で大勝した。ホームでは13連勝となり、CL新記録を樹立。CLでは13シーズン連続の白星発進となった。

 序盤から圧倒的にボールを支配し、試合の主導権を握るバイエルンだが、5バックで守備を固めるロストフのディフェンスをなかなかこじ開けられない。それでもセットプレーから好機をうかがい、前半23分にはMFジョシュア・キミッヒの右CKにFWロベルト・レワンドフスキが頭で合わせたが、クロスバーを越えた。

 前半26分にも右CKを獲得したバイエルン。キミッヒがゴール前に蹴り込むと、PA内でレワンドフスキがMFアレクサンドル・ガツカンに倒され、PKを獲得した。これをレワンドフスキが自ら落ち着いてゴール左へ流し込み、先制に成功した。

 前半39分、またもキミッヒの右CKからレワンドフスキが頭でそらし、ファーサイドのDFマッツ・フンメルスがヘディングシュート。これはGKの好守に阻まれたが、前半アディショナルタイム、DFダビド・アラバの左クロスにFWトーマス・ミュラーが左足ボレーで合わせ、前半終了間際に追加点を奪った。

 2-0とリードを広げて折り返した後半は余裕を持った試合運びを見せる。後半8分にはカウンターから左サイドに展開し、MFダグラス・コスタのグラウンダーの折り返しをキミッヒが右足で流し込み、3-0。同15分、左CKからショートコーナーでマイナスに戻し、DFフアン・ベルナトのクロスをキミッヒが打点の高いヘディングでゴール右隅へ叩き込んだ。

 キミッヒの連続ゴールで4-0と突き放したバイエルンはその後も危なげなく時計を進める。後半40分、ロストフは左FKからMFアレクサンドル・エロヒンがヘディングシュートを放つが、GKマヌエル・ノイアーが至近距離でセーブ。数少ないピンチを守護神が防いだバイエルンは後半45分に途中出場のMFフランク・リベリがPA左からマイナスに入れたボールをベルナトが左足で流し込み、5-0とゴールラッシュを締めくくった。

最終更新:9月14日(水)7時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。