ここから本文です

“超サイヤ人”メッシとネイマールが「フュージョン」…日本アニメは世界共通

ゲキサカ 9月14日(水)17時57分配信

 バルセロナ(スペイン)のブラジル代表FWネイマールが、13日に行ったUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のセルティック(スコットランド)戦後にツイッター(@neymarjr)を更新したFWリオネル・メッシとの2ショット写真が話題を集めている。

 バルセロナはカンプ・ノウで行ったセルティック戦でメッシがハットトリックを達成したほか、ネイマールの1ゴール4アシストの活躍があり、7-0で大勝した。金色に髪を染めた両エースは、今季も欧州を席巻することになりそうだ。

 そんなネイマールはメッシとの2ショット写真とともに「FUSAO」と投稿。そして炎マークに指を向かい合わせる絵文字を添えた。さらに「#Sayajin」のハッシュタグを添えた。

 「FUSAO」とはポルトガル語でフュージョンを意味する。これは日本の人気アニメ『ドラゴンボール』で2人が融合する際に用いる技のことで、ハッシュタグの「#Sayajin」(サイヤ人)は主人公の孫悟空たちの人種のこと。ネイマールは、孫悟空たちサイヤ人が金髪の超サイヤ人に変身することが出来ること、そして2人がフュージョンしたと投稿したのだ。

 ジネディーヌ・ジダンやアレッサンドロ・デル・ピエロが『キャプテン翼』に影響を受けたという有名な話があるように、日本アニメが世界共通であることが分かる。

最終更新:9月14日(水)18時1分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。