ここから本文です

[関東]首位・明大、2位と勝ち点9差に!最下位・国士舘大が筑波大撃破、日体大が今季最高4位浮上:第13節

ゲキサカ 9/14(水) 21:27配信

第90回関東大学リーグ1部

 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部の第13節が14日に各地で行われた。後期開幕戦だった第12節から中2日で迎えた一戦。首位を走る明治大は専修大に3-0の完封勝利。2位の法政大が早稲田大に0-2で敗れたため、2位以下を勝ち点9差に突き放した。

 “後期の明治”の本領発揮か。明治大は専修大に3-0の完封勝利で後期開幕2連勝。後期開幕2試合を7得点1失点と攻守が噛み合う結果で、勝ち点30に伸ばした。2位以下との勝ち点差も9に開き、13試合を終えて31得点12失点と群を抜く数字で首位をひた走る。

 今節では前半35分にMF櫻井敬基(3年=藤枝東高)のゴールで先制し、後半25分にはDF河面旺成(4年=作陽高)のCKから来季甲府入りのDF小出悠太(4年=市立船橋高)がヘディング弾。同33分にはMF富田光(2年=中京大附中京高)がダメ押しの3点目。前節に続き、ゴールマウスを守ったGK長沢祐弥(2年=藤枝東高)は完封し、3-0で勝利した。

 前節筑波大と引き分け、残留圏に上がっていた専修大だったが、明治大に敗れたため、わずか1試合で降格圏の11位に逆戻りしてしまった。

 前節の勝利で3位から2位へ順位を上げた法政大は連勝はならず。早稲田大に0-2の零封負け。今節で3位の筑波大も敗れたため、順位は2位と変わらないものの、首位と差を広げられた。

 一方、勝利した早稲田大は、後期開幕2連勝で7位から5位へ浮上。この日の試合では前半11分にMF相馬勇紀(2年=三菱養和SCユース)のゴールで先制し、後半7分には相馬のシュートのこぼれからFW中山雄希(4年=大宮ユース)が決めた。2-0の完封勝利で順位を上げている。

 痛恨の敗戦を喫したのは3位・筑波大。最下位の国士舘大に0-1で敗れた。後期開幕戦・専修大戦(0-0)に続く無得点と、持ち前の攻撃力が鳴りを潜めている。決勝点となったのは後半23分、MF荒木翔(3年=日本航空高)の得点。勝利した国士舘大にとっては、待望の今季2勝目。最下位は変わらないが、残留圏まで勝ち点5差に踏みとどまった。

 一気に順位を上げてきたのが日本体育大だ。桐蔭横浜大に4-3の劇的勝利で後期開幕2連勝。MF川戸大樹(4年=神戸U-18)が2戦連続の2得点を挙げるなど3点を先取。その後に3失点したが、後半アディショナルタイム1分にMF高井和馬(4年=千葉SCユース)が値千金の決勝点を決めた。

 前期リーグでは4度も最下位に沈んでいたが、その後の4連勝などでじわじわと勝ち点を伸ばすと、後期に入っての開幕2連勝で今季最高の4位まで上げてきた。2位・法政大とは勝ち点1差、3位・筑波大とは同勝ち点で並んでいる。鈴木政一監督率いる日本体育大が、後期リーグで台風の目となっていきそうだ。一方で敗れた桐蔭横浜大は今季最低の8位まで後退した。

 前節の敗戦により11位へ落ちていた駒澤大だったが、順天堂大を2-1で下し、残留圏の10位へ戻った。総理大臣杯で準優勝した順天堂大だったが、後期開幕2連敗。4位から7位へ一気にダウンしている。慶應義塾大と流通経済大は1-1のドローで勝ち点1を分け合った。

【第13節】(9月14日)
[三ツ沢公園陸上競技場]
桐蔭横浜大 3-4 日本体育大
[桐]八戸雄太(45分+1=補・石川大地)、今関耕平(53分)、鈴木国友(55分=補・佐々木俊輝)
[日]関戸裕希(20分)、川戸大樹2(33分、34分)、高井和馬(90分+1=補・里見直樹)

法政大 0-2 早稲田大
[早]相馬勇紀(11分)、中山雄希(52分)

[味の素フィールド西が丘]
筑波大 0-1 国士舘大
[国]荒木翔(68分)

明治大 3-0 専修大
[明]櫻井敬基(35分)、小出悠太(70分=補・河面旺成)、富田光(78分=補・渡辺悠雅)

[江戸川区陸上競技場]
慶應義塾大 1-1 流経大
[慶]松木駿之介(69分=補・井上大)
[流]今津佑太(47分=補・小池裕太)

順天堂大 1-2 駒澤大
[順]小松駿太(18分=補・旗手怜央)
[駒]大谷真史(11分)、鈴木啓晃(65分=補・中原輝)

最終更新:9/14(水) 21:51

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。