ここから本文です

モウリーニョ監督にもう不満?ムヒタリアンが任せられるポジションにフラストレーション

ゲキサカ 9/14(水) 23:17配信

 今季からマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているMFヘンリク・ムヒタリアンだが、自分の望むポジションで用いられていないことで、はやくもフラストレーションをためているという。

 昨季までドルトムントで背番号10を付けてプレーしていたアルメニア代表MFだが、新天地では定位置の確保に至っていない。初先発した10日のマンチェスター・シティ戦では、 ハーフタイムでの交代を命じられるなど、ジョゼ・モウリーニョ監督の期待に応えることが出来なかった。

 『サン』によると、パフォーマンスが向上しないのは、与えられているポジションに不満があることが原因だという。中央でプレーしたいムヒタリアンに対し、モウリーニョ監督はサイドでのプレーを指示。しかし中央でプレーするためには、FWウェイン・ルーニーらからポジションを奪う必要があるため、今後も難しいであろうとの見方を示している。

最終更新:9/15(木) 13:07

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています