ここから本文です

タカタと三越伊勢丹がコラボしたチャイルドシートの第2弾「Child Guard 1.0」発売

オートックワン 9/14(水) 15:24配信

シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカーであるタカタは、三越伊勢丹とコラボレーションしたISOFIXチャイルドシートの第2弾製品を、9月14日より三越伊勢丹店舗、オンラインストアにて発売する。本体価格は8万円(税別)。

このニュースのフォトギャラリー

両社が2014年に発売した第1弾ISOFIXチャイルドシート「takata04-ifix」は、シートとベースが外せるセパレート機能が搭載され、車内での取り付けがしやすいと好評を得ている。

今回ラインナップに加わった第2弾となるISOFIX限定モデル「Child Guard 1.0 」は、パパ・ママから要望の多い、シート回転機能を備えたチャイルドシート。カンタン操作でクルマのドア側へシートを回し、子供をラクラク、スムーズに乗せ降ろしできるので、クルマに乗る際のパパ・ママの負担を軽減する。

また、シートクッションは、クルマの内装色に合わせやすく高級感のある黒色をベースに仕上げ、上品さと重厚感を演出した。

チャイルドシートの取り付けは、世界的にも「誤った使用(ミスユース)」が多く、2015年度の警察庁とJAFの合同調査でも、使用者の54.5%がミスユース有りと判断されている。そのミスユースの多くは、クルマのシートベルトの締め付け不足によるものである。

こうしたミスユースを防ぐ対策として、クルマのシートベルトを使わずに、チャイルドシートを、クルマ側の専用金具と直接固定するISOFIX方式が国際標準として規格化された。

タカタは、このISOFIX方式の国際規格化に、国際会議で議論が開始された80年代後半から参画しており、1997年より製品開発を進めてきた。タカタは、三越伊勢丹限定モデルの発売を機に、ISOFIXチャイルドシートのさらなる普及を目指していくとしている。

最終更新:9/14(水) 15:24

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。