ここから本文です

広告はすべて猫 ロンドンの地下鉄駅

BBC News 9月14日(水)12時27分配信

(c) BBC News

ロンドン地下鉄のクラパム・コモン駅が猫に占拠された。駅の中の広告がすべて。市民広告買収サービス(Citizens Advertising Takeover Service)、略して「CATS」は、団体「グリンプス」によるクラウドファンディング計画。700人近くが協力して、2万3000ポンド(約320万円)を集めた。広告の猫たちは9月12日から2週間、駅の構内のあちこちに登場する。「CATS」によると、企画の目的は商業広告のない「のんびりできる、楽しくて気楽な空間」を提供することだという。

(c) BBC News

最終更新:9月14日(水)12時27分

BBC News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。