ここから本文です

ウェルズF:変革を行う用意、無断の口座開設などの問題で-CFO

Bloomberg 9月14日(水)2時22分配信

米銀ウェルズ・ファーゴは無断で200万人分の顧客口座を開いた問題で不正慣行を是正すべく必要な変革を行う用意があると、ジョン・シュルーズベリー最高財務責任者(CFO) が述べた。

シュルーズベリーCFOは13日、ニューヨークで行われた会合に出席し、「当行のビジネスモデルを維持しながら、販売目標を撤廃し、その上でさらに顧客との関係を深める努力を通じて成長できる企業文化を構築できると考える」と述べ、「当行のビジネスモデルを保持するやり方で変革することができるだろう」と続けた。

ウェルズ・ファーゴの行員が顧客の許可なく口座を開設したとして米当局が調査していた問題で、同行は1億8500万ドル(約190億円)を支払って決着させることに同意。ジョン・スタンプ最高経営責任者 (CEO)は議会公聴会で証言するよう求められた。同行は1月1日付で販売目標を撤廃することを発表し、米コールセンター従業員に対して顧客への金融商品の抱き合わせ販売を一時停止するよう指示した。

シュルーズベリー氏は「これら悪しき慣行は収入を生み出すものではなかった。職を維持するため行員が誤った判断を下したのは明らかであり、業務パフォーマンスの低い行員が行ったものだ」と述べ、「コミュニティバンキングにおいて99%は正しかったが、1%はそうではなかった」と続けた。

同CFOによると、この問題によって解雇された行員5300人のうち約10%はマネジャーだった。

原題:Wells Fargo Can Make Pivot Needed in Wake of Scandal, CFO Says(抜粋)

Jennifer Surane, Laura J Keller

最終更新:9月14日(水)2時22分

Bloomberg