ここから本文です

独バイエル、米モンサント買収案を1株129ドルに引き上げへ-関係者

Bloomberg 9月14日(水)4時34分配信

独製薬会社バイエルは、米モンサントへの買収提示額および違約金の引き上げに向け準備していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

協議は非公開だとして匿名を条件に語った同関係者らによれば、バイエルは買収提示額を1株当たり約129ドル(約1万3250円)と、従来の127.50ドルから引き上げるほか、規制当局の承認が得られない場合の違約金をこれまでの2倍となる約30億ドルに増やすことに前向きだという。

モンサントの経営陣は13日中に協議を行い、買収案を承認する可能性があると、関係者らは語った。またバイエル側は14日に協議する予定で、協議終了後間もなく正式に発表される可能性があるという。

原題:Bayer Said to Propose Improved Monsanto Offer of $129 a Share(抜粋)

Aaron Kirchfeld, Naomi Kresge, Jeffrey McCracken

最終更新:9月14日(水)4時34分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]