ここから本文です

TOPIXが6日続落、マイナス金利リスクの銀行安い-資源も売り

Bloomberg 9月14日(水)7時59分配信

14日の東京株式相場は、TOPIXが6日続落。国内外の金融政策に不透明感が強い中、マイナス金利の拡大リスクが懸念された銀行株が安い。原油など国際商品市況の下落を嫌気し、鉱業や石油、商社、海運株など資源セクターも売られた。

TOPIXの終値は前日比8.25ポイント(0.6%)安の1314.74、日経平均株価は114円80銭(0.7%)安の1万6614円24銭。TOPIXの6日連続安は5月6日以来、およそ4カ月ぶり。日経平均は反落した。

アムンディ・ジャパンの鎌田博光ディレクターは、「金融政策がしっかりしない限り、銀行株が思い切って戻っていくことはない」と指摘。日本銀行の金融政策決定会合を来週に控え、「銀行株は7月の安値からある程度上昇していたこともあり、買い方にとっては利益を確定するのにいいタイミングと」と話した。

13日の米国株は、金融緩和による景気刺激策が世界的に弱まるとの見方が広がり、S&P500種株価指数は1.5%安と終値で7月7日以来の安値に沈み、ダウ工業株30種平均は250ドル以上下げた。投資家の恐怖心理を示すシカゴ・ボラティリティ指数(VIX)は18%上昇。米国債も安く、米10年債利回りは一時3カ月ぶりの高水準となった。

リスク回避の動きから商品市況も下げ、国際エネルギー機関(IEA)が供給超過が長引くとの見通しを示した影響もあり、ニューヨーク原油先物は3%安と反落。ロンドン金属取引所(LME)ではニッケル、亜鉛も安い。

海外株、商品市況安の影響を受けたきょうの日本株は安く始まり、前引けにかけ一時下げ渋る場面もあったが、午後終盤に再度下値を探る展開となった。資源株と並び下げが目立ったのが銀行株で、TOPIXの業種別押し下げ寄与度でトップ。14日付の日本経済新聞朝刊は、日銀が20、21日に開く金融政策決定会合でまとめる異次元緩和の総括的な検証で、今後の金融緩和の軸にマイナス金利政策の深掘りを据える方針と報道。国債購入では、長短金利差を広げるよう促すことを協議するとした。

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)15時45分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]