ここから本文です

トランプ財団の調査開始、慈善行為の順法性で-NY州司法長官

Bloomberg 9月14日(水)12時31分配信

米ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は13日、米大統領選の共和党候補であるドナルド・トランプ氏の慈善団体トランプ財団が州法を順守しているかどうかの調査を開始したことを明らかにした。同長官は既に、トランプ氏の不動産専門学校であるトランプ大学について、いい加減な不動産セミナーで学生から金を巻き上げているとして調査を続けている。サンディエゴの元学生による2件の訴訟もあり、11月8日の大統領選を前にトランプ氏には法的問題をめぐる懸念が増えた。

シュナイダーマン長官はテレビ局CNNの番組「ザ・リード」で、「トランプ財団が何らかの不適切な行為に関与したのではないかと懸念している」と述べ、「ニューヨーク州の慈善行為に関する法令を順守しているか確認するためトランプ財団を調べている」と付け加えた。

調査は民主党候補のヒラリー・クリントン氏への援護射撃になる。ただ、シュナイダーマン長官とトランプ氏の激しい言葉の応酬は目新しいものではなく、それが調査の重みを損ねる可能性がある。

トランプ氏のシニア・コミュニケーションアドバイザー、ジェーソン・ミラー氏は同長官について、「クリントン財団には長年目をつぶり、ヒラリー・クリントン氏を大統領候補に支持してきた党派心あらわな人物だ。左翼がまた妨害しているにすぎない」との声明を出した。

原題:Trump Foundation Probed for ‘Impropriety’ by N.Y.’s Schneiderman(抜粋)

Jennifer Jacobs, Erik Larson

最終更新:9月14日(水)12時31分

Bloomberg