ここから本文です

先進国の国債利回り、6月以来の高水準-エラリアン氏が米利上げ促す

Bloomberg 9月14日(水)12時32分配信

先進国の国債利回りが約3カ月ぶりの高水準に達した。アリアンツのチーフ経済アドバイザー、モハメド・エラリアン氏は米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げすべきだと主張した。

ブルームバーグ・グローバル先進国ソブリン債指数の利回りは13日の取引で0.6%に上昇し、6月23日以来の高水準となった。7月には0.39%と過去最低を記録した。

ブルームバーグ・ビューのコラムニストでもあるエラリアン氏は、0.25ポイントの利上げがあるかどうかトレーダーが思い悩んでいると指摘。CNBCとの13日のインタビューで、その理由として「全てが値上がり」しリターン向上をもたらす金融政策が決定されると投資家は考えるようになってしまったためだと説明。利上げを実施して「終わらせてしまおう」とコメントし、「われわれは過度に連邦準備制度に依存しており、こうした小さな動きに対し非常に過敏になっている」と述べた。

同氏はツイッターへの同日の投稿で、今回の利上げのタイミングによって、政策金利の一連の上げ幅が従来より小さい「緩やかなサイクル」が変わることは恐らくないとも指摘した。

原題:Global Yields Highest Since June as El-Erian Says Fed Should Act(抜粋)

Wes Goodman

最終更新:9月14日(水)12時32分

Bloomberg