ここから本文です

エクレストン「ヨーロッパはF1に金を出さない」

TopNews 9月15日(木)5時53分配信

F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、将来のF1開催継続を確実にするだけの金を払おうとしないヨーロッパ諸国に対して苦言を呈した。

イギリスの『BBC』による自動車関連番組『Top Gear(トップ・ギア)』から、最近姿を消してしまったF1グランプリの中で一番残念に思っているのはどのレースかと質問されたエクレストンは、「失われたレースのうち2つに対しては心から憤慨しているよ。それはインドとトルコだ」と答えた。

だが、伝統のあるフランスGPもすでに2008年を最後にカレンダーから消えており、最近ではモンツァでのイタリアGP開催継続も危ぶまれる状況となっていた。さらに、来年以降のドイツGP開催継続もいまだ不透明なままだ。それらのレースはインドやトルコよりもはるかにF1にとっては伝統的なレースのはずだ。

だが、エクレストンは次のように主張した。

「それはイギリスも同じだ。シルバーストンだって安泰どころか、まったくその逆だと言っておこう」

「それらの国々がオリンピックを開催するためなら大金を支払うことを考えると残念だよ。それによって金もうけができる者などいないのにね。F1レースを開催するのはもっと少額で済む話なのに、彼らはそうしたいとは思わないんだ」とエクレストンは付け加えた。

最終更新:9月15日(木)5時53分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]