ここから本文です

メッシ、単独首位6度目ハット!バルサ王者奪回へ7発発進/欧州CL

サンケイスポーツ 9月15日(木)7時0分配信

 欧州チャンピオンズリーグ1次L第1節(13日=日本時間14日、スペイン・バルセロナほか)各地で1次リーグが開幕。C組で、2大会ぶりの優勝を狙うバルセロナ(スペイン)はホームでセルティック(スコットランド)に7-0と大勝。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(29)が、欧州CLで単独首位となる通算6度目のハットトリックを達成した。D組ではバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が5-0でロストフ(ロシア)に快勝。ホームでの13連勝は大会記録となった。

 2季ぶりの頂点へ、最高のスタートだ。バルセロナが誇るメッシ、スアレス、ネイマールのMSNトリオが、そろい踏みの大爆発。中でもFWメッシは3得点を決める活躍。ルイスエンリケ監督も、このお祭り騒ぎに満足そうだった。

 「素晴らしいショーだった。ベンチから楽しんで見られた」

 まずは前半3分。ネイマールのスルーパスから最終ラインの裏に抜け出したメッシが左足の強烈なシュートで先制した。同27分、後半15分にもゴールを決めた。スアレスも2得点、ネイマールも1得点で、3人で6得点とまさにゴールショー。メッシは欧州CLで単独首位となる通算6度目のハットトリック達成となった。

 昨季のバルセロナは、リーグ戦では2連覇したものの、欧州CLでは準々決勝で敗退。6度目の優勝には、MSNトリオが鍵を握ることは言うまでもない。スアレスは「昨季も私たちは多くの得点を決めたが、大切なのは得点がタイトルにつながることだ」と、大勝にも気持ちを引き締めていた。

 2季ぶりの欧州王者に向け、クラブ史上最多得点差となる7点差で勝ったバルセロナが、勢いに乗りそうだ。

最終更新:9月15日(木)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合