ここから本文です

月例セキュリティ情報14件を公開、最大深刻度「緊急」は7件(日本マイクロソフト)

ScanNetSecurity 9月15日(木)8時0分配信

日本マイクロソフト株式会社は9月14日、2016年9月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は14件で、このうち最大深刻度「緊急」は7件、「重要」は7件となっている。修正された脆弱性は、CVEベースで59件。今回発表された内容は以下の通り。

「緊急」
MS16-104:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3183038)要再起動
MS16-105:Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(3183043)要再起動
MS16-106:Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム(3185848)要再起動
MS16-107:Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム(3185852)再起動が必要な場合あり
MS16-108:Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム(3185883)再起動が必要な場合あり
MS16-116:VBScript Scripting Engine 用の OLE オートメーションのセキュリティ更新プログラム(3188724)要再起動
MS16-117:Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム((3188128)要再起動

「重要」
MS16-109:Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム(3182373)再起動不要
MS16-110:Windows 用のセキュリティ更新プログラム(3178467)要再起動
MS16-111:Windows カーネル用のセキュリティ更新プログラム(3186973)要再起動
MS16-112:Windows のロック画面用のセキュリティ更新プログラム(3178469)要再起動
MS16-113:Windows 保護カーネル モード用のセキュリティ更新プログラム(3185876)要再起動
MS16-114:SMBv1 サーバー用のセキュリティ更新プログラム(3185879)要再起動
MS16-115:Microsoft Windows PDF ライブラリ用のセキュリティ更新プログラム(3188733)再起動が必要な場合あり

このうち、MS16-104およびMS16-105(CVE-2016-3351)は脆弱性の悪用が確認されており、MS16-110(CVE-2016-3352)は脆弱性情報が一般に公開されていた。

(吉澤 亨史)

最終更新:9月15日(木)8時0分

ScanNetSecurity

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]