ここから本文です

冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』にダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッドが登場決定

CDジャーナル 9/15(木) 18:03配信

 11月11日(金)および12日(土)に東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールで予定されている、先頃逝去した作曲家 / シンセサイザー・アーティスト冨田 勲の追悼公演〈冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』〉の第1部に、追加の上演プログラムが決定。英国出身のダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッド(Adrian Sherwood)が来日し、追悼特別プログラムとして冨田が世界的ヒットとなったシンセサイザー作品の代表作「惑星 Planets」のライヴ・ダブミックスを披露することが発表されています。

 1977年に発表された「惑星 Planets」は、当時シンセサイザー・アーティストとして世界的名声を誇っていた冨田が、ホルストのオーケストラ組曲「惑星」をシンセサイザー作品として昇華させたもの。全世界で250万枚を超える大ヒットを記録した、冨田のシンセサイザー作品の代表作であり、宇宙を描いた音楽の代名詞ともいえる作品です。

 すみずみまで精巧に作りこまれた内容ゆえに、これまでリミックス等で手を加えることがけっして許可されなかった本作を、“理想のサウンドを追究するISAO TOMITAの想いを、次世代のアーティスト達に引き継いでもらいたい”という遺族の意向もふまえ、本公演にて追悼特別プログラムとして初のオフィシャル・リミックスでのパフォーマンスを行なうことが決定。ジャンルを横断して世界のアーティストとコラボレーションを繰り広げるエイドリアン・シャーウッドに、初のリミックス・パフォーマーとして白羽の矢がたちました。

 本公演は、はじめに『イーハトーヴ交響曲』、そして最後にスペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』という、バーチャル・シンガー初音ミクとオーケストラのコラボレーション2作品を上演することがすでに発表されており、その2作に挟まれるかたちで、「惑星 Live Dub Mix」が上演されます。

最終更新:9/15(木) 18:03

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]